リオ五輪バドミントン・女子シングルス 奥原の銅メダルが確定、対戦相手が棄権

ATR-logo-square-HI-REZ-VECTOR-1024x1024

(ATR Japan)リオ五輪バドミントン競技・女子シングルス種目の準決勝が18日に行われ、日本の奥原希望はシンドゥ(インド)にストレートで敗れた。

奥原は19日、3位決定戦に臨む予定であったが、対戦が予定されていた中国選手の棄権により、不戦勝で銅メダルが確定した。五輪・シングルス種目でのメダル獲得は男女ともに初。(宮城奈々)