組織委 既存施設改修促し会場整備へ アクセス指針発表

(ATR Japan)2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1月25日、競技会場へのアクセスルートや輸送手段などの指針とする「Tokyoアクセシビリティ・ガイドライン」を発表した。

これをもとに競技施設などの管理者らに施設の建設や改修工事を実施して恒常的な施設として整備するよう要請する。ただ、適用が困難な場合は、組織委などによる仮設施設の整備や、ボランティアによる人的サポートなどを確保する。

組織委の中南久志パラリンピック統括部長は「今回、既存会場を使う確率が高まっており、まず施設所有者に協力を要請していきたい」と述べた。組織委は公共交通機関との情報共有を進めており、具体的な計画について各関係者に協力を求めていく方針だ。(百田紗英子)