開会式未定で聖火台設置盛り込まず、JSCの池田理事

12718147_987792021315863_230005538060712799_n

(定例ブリーフィングに臨む、JSCの池田貴城理事(左)佐野圭弥撮影)

(ATR Japan)新国立競技場整備の事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)池田貴城理事は3月30日、2020年東京五輪・パラリンピック大会聖火台の設置場所が同競技場に考慮されていなかった問題について、「聖火台は(開会式など)セレモニーと一体的に考えるものであるため、(建設案応募要項に)盛り込まなかった」と弁明した。また、聖火台は新国立競技場に付属のものではなく、東京五輪に必要な追加工事というのがJSCの認識で、開会式が未定の段階では決めるものではないと説明した。

聖火台の設置については現在、遠藤利明五輪担当相を議長とするワーキングチームのもとで進行中で、過去二回の会合では、防災上の課題・運用上の課題・技術上の課題の3つの聖火台設置に伴う課題が検討されたという。だが、具体的な聖火台の形状や設置場所、セレモニーが未定のため、あくまで仮定の上の議論で一般論であるとした。(佐野圭弥).