JTBなど旅行3社が東京五輪でスポンサー同時契約

ATR-logo-square-HI-REZ-VECTOR-1024x1024

(ATR Japan)東京五輪・パラリンピック組織委員会は3月31日、大手旅行代理店のKNT-CTホールディングス、JTB、東武トップツアーズの3社と旅行業務とナショナル・トリップ・ホスピタリティ・サービスに関するオフィシャルパートナー契約を結んだと発表した。同業種内での3社同時契約は今回が初めて。

五輪スポンサーシップは、「一業種一社」が原則。だが、国際オリンピック委員会(IOC)と協議の結果、特例として3社契約が実現した。KNTはこれを機に新らたな企業ブランドロゴを制定した。さらに、年齢や障害の有無にかかわらず、誰もが楽しめる仮想旅行体験などのノウハウを活かし、五輪パラリンピックを盛り上げていきたいとしている。

 また、1964年の東京五輪で大会運営などに携わったJTBは、創業の原点とする「インバウンド事業」で、世界中からの観光客をもてなしたい、としている。さらに、招致段階でもオフィシャルパートナーだった東武トップツアーズは、日本のスポーツ・ツーリズムの大きな飛躍につながるサポート体制を構築する考えだ。契約期間は3社とも2016年3月31日から2020年12月31日となる。

3社契約について、森喜朗会長は「3社共存というのは今回が初めての契約となり、さらなる『オール・ジャパンの機運』が広がることを大変うれしく思います」とコメントした。(松永真由子)