五輪招致疑惑 コーツIOC副会長「疑惑は深刻なもの」

13307369_1023731207721944_7262530086353377502_n

会見に臨むジョン・コーツIOC副会長(左)と森喜朗組織委会長(平田秀祐撮影)

(ATR Japan)国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は26日、2020東京五輪・パラリンピック組織委員会と準備状況を確認する会合を終えた記者会見で、東京五輪の招致についての不正送金疑惑について、「疑惑は深刻なものと考えている」と述べ、重く受け止めている姿勢を示した。

フランス検察当局の捜査により不正が認められた場合の東京開催の是非について、コーツ副会長は「いろいろな救済策や制裁があると思うが、結果が出るまでは話すことはできない」と述べ、現段階では捜査の結果報告を待つ方針を示した。また、組織委の森喜朗会長は「IOCと東京都が東京五輪開催について契約をしている。それに伴って組織委員会ができた。我々は(東京開催が)正しく受け入れられていると信じて、進めていく」と述べるにとどめた。

今後は、フランス検察当局が、招致委からの送金について違法性を認めるかが注目される。この疑惑については、日本オリンピック委員会(JOC)も第三者による調査チームを設置し、送金の違法性について調査するといい、これらの結果が焦点となりそうだ。(平田秀祐)