リオ五輪を振り返る学生イベント、上智大で

15095624_1160678317360565_6089315015696479774_n

(イベント終了後の記念撮影 佐野圭弥撮影)

(ATR Japan)2020東京五輪・パラリンピックの公認教育プログラムの1つである大学連携イベント、「学生のための Rio to Tokyo」が13日、上智大学四谷キャンパスで開催された。2016年リオ五輪に出場した学生選手や学生ボランティアらが登壇し、それぞれの視点でリオ大会を振り返った。東京五輪パラ組織委員会の布村幸彦副事務総長は、会場に集まった学生らに向けて「これからの4年を盛り上げるため力をお借りしたい」と話した。

 組織委は全国788の大学・短大と協定を締結し、2020年に向けた教育プログラムを展開している。イベントには学生や教育関係者ら200人が出席した。終了後、参加した学生はATRの取材に対し「実際にリオ五輪で活躍した方の話を聞くことができ、2020年が楽しみになった。今後は自分なりに関わっていきたい」と語った。(宮城奈々)