WBC 代打・内川が決勝犠飛 今大会キューバ相手に2度目の勝利

17240349_1278755325552863_5175186754836402022_o

(笑顔で会見に臨んだ内川聖一選手 田村純一朗撮影)

(ATR Japan)野球の国・地域別対抗戦、2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドプールEの試合が14日、東京ドームで行われ、日本代表が8対5でキューバ代表に今大会2度目の勝利を収めた。日本はこれで大会5連勝となり、15日の第1試合でキューバが勝利すれば、日本はイスラエル戦を待たずに決勝トーナメント進出となる。

 日本は1点を追う6回、9番・小林誠司のタイムリーヒットで同点に追いついた。8回、日本は相手のエラーからチャンスを作ると、小林の代打・内川聖一がライトへの犠牲フライを放ち、勝ち越しに成功した。さらに続く1番・山田哲人が、この日2本目となるレフトへの2ランホームランを放ち、キューバを突き放した。日本の先発・菅野智之は4回4失点だったが、2番手の平野佳寿以降5人の投手陣が5回を1失点でしのいだ。

 勝ち越しの犠牲フライを打った内川は「何でもいいから1点という思いで打席に立った」と打席での思いを語った。また、イスラエル戦向けて小久保裕紀監督は「明日、勝ちにいきます」と述べ、気を引き締めた。日本は15日、ここまで4勝1敗と勢いのあるイスラエルと対戦する。(田村純一朗)