五輪組織委、ILOと物品調達などの協定合意

18425559_1342988075796254_4793627130721901008_n

(写真は東京五輪パラ組織委提供:Tokyo2020/Uta MUKUO)

(ATR Japan)国際労働機関(ILO)のガイ・ライダー事務局長が5月12日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長と会談し、公式に両機関間でのパートナーシップ協定を締結することを決めた。具体的な内容について武藤氏は、「これから決めていくが、組織委の仕事の問題ばかりでなく、物品の調達にあたって製造業者が適切な製造過程を踏んでいるかなどといった検証を共に行っていく」と語った。

 ガイ氏は、「正式な形でオリンピックの組織委員会とフォーマルな協力合意をするというのは今回が初めてであり、心から歓迎している」と述べ、初の正式な協定合意に期待を滲ませた。

 正式な締結の時期は未定としながらも、できるだけ早く締結していく方針だ。(柳場滉太)