リオ五輪女子ロードレース 與那嶺が健闘17位

(ATR Japan)リオデジャネイロ五輪・女子ロードレースが8日(日本時間)から行われ、アンナ・ファンデルブレーヘン(オランダ)が金メダルを獲得した。レースは終盤で先頭の選手が転倒するなど、男子と同様にスプリント勝負の展開となった。

日本から唯一出場していた與那嶺恵理は17位でゴールし、初出場ながら五輪の日本人最高順位記録を更新した。與那嶺は続いて9日(日本時間)より行われる女子ロード個人タイムトライアル種目にも出場する。(宮城奈々)