体操男子団体、逆転で金メダル

(ATR Japan)リオデジャネイロ五輪・体操男子団体は第5ローテーションを終え、暫定1位で最終第6ローテーションの床を演技。白井健三、加藤凌平、内村航平が大きなミスなく演技を終え274.094点で、2位のロシアを2.641点差で振り切り、金メダルを獲得した。(橋本大周)