新競技の7人制ラグビー女子 日本は10位

(ATR Japan)リオデジャネイロ五輪・7人制ラグビー女子で日本代表は8日(日本時間)、デオドロ競技場で行われた9位決定戦でブラジルと対戦し、5-33で敗れて10位となった。

9位から12位を決める順位決定戦でケニアに勝利した日本は、1次リーグC組最終戦で敗れたブラジルと再び対戦した。前半、日本は大黒田裕芽がトライを決めて先制したが、ブラジルに2つのトライを許すなどによって5―12で終わった。後半も日本はブラジルから追加点を奪うことができないまま試合が終了した。

決勝ではオーストラリアがニュージーランドに24―27で勝利し、初代金メダルに輝いた。
(松永真由子)