永瀬、世界ランク1位を下し銅メダル 柔道男子81kg級

(ATR Japan)リオデジャネイロ五輪、男子81kg級日本代表の永瀬貴規は10日、カリオカアリーナで3位決定戦に臨み、銅メダルを獲得した。

永瀬は準々決勝で相手に有効を奪われ敗退。その後の敗者復活戦を制し臨んだ3位決定戦では、世界ランク1位のチリキシビリ(ジョージア)を相手に優勢勝ちを収め、銅メダルを獲得した。

試合後のインタビューで永瀬は「悔しい気持ちはたくさんあるが、気持ちを切り替え、メダルを何とか取ることができた」と語った。(丸山歩)