「新国立の現計画を白紙に、ゼロベースで新計画」と安倍首相

(ATR Japan)安倍晋三首相は17日午後、2020年の東京五輪・パラリンピックのメーン・スタジアムとなる新国立競技場の建設計画を白紙撤回し、ゼロベースで再計画すると決めた。首相官邸のホームページに掲載された安倍首相の発言要旨は以下の通り。

「東京オリンピック・パラリンピックの会場となる新国立競技場の現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで新しい計画を作りなおす。そう決断致しました。オリンピック・パラリンピックは、国民みんなの祭典です。何よりも優先されるべきは、国民の皆さん、アスリートの皆さんから祝福されるものとすることです」。

「国民の声に耳を傾け、1か月ほど前から現在の計画を見直すことができないか検討してまいりました。本日、オリンピック・パラリンピックまでに工事を完了できるとの確信が得られましたので、決断を致しました」。

「新国立競技場を世界の人々に夢と感動を与えるような場とするため、できる限りコストを抑制し、現実的にベストな計画を進めていく決意です。新しい計画づくりに直ちに取りかかるよう、関係大臣に指示致しました。ラグビー・ワールドカップには新競技場は間に合いませんが、大会が成功するよう、国としてしっかりと支援してまいります」。

また、首相官邸のホームページに掲載された菅義偉官房長官の同日の記者会見要旨は以下の通り。

「オリンピック・パラリンピックは、国民の皆さんの祭典であり、東京大会の会場となる新国立競技場についても、国民の皆さんに祝福をされるものとすべきであるというのが、総理の強い思いであります。この問題については、これまで国民の声に謙虚に耳を傾け、様々な点を踏まえて検討を進めてきました。その上で、本日、総理が現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで新しい計画を作り直すことを決断をし、遠藤大臣及び下村大臣に指示しました。今後、新国立競技場が世界の人々に夢と感動を与える場となるよう、極力コストを抑え現実的にベストな計画を進めてまいりたいと、このように思います」。