萩野、銀メダル 藤森は4位 200メートル個人メドレー

 (ATR Japan)リオデジャネイロ五輪・競泳男子の萩野公介は12日、200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した。タイムは1分56秒61だった。同じく出場した藤森太将は1分57秒21で自己ベストを更新し、4位入賞を果たした。優勝はマイケル・フェルプス(アメリカ)で1分54秒66を記録し、今大会4つ目の金メダルを獲得した。また、この種目でのオリンピック4連覇を成し遂げた。

400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野は平泳ぎを5位で折り返したが、最後の自由形で3人を追い抜いた。藤森は最後のタッチで汪順(中国)に抜かされ、銅メダル獲得とはならなかった。

 萩野は「もっといい勝負をしたかったっていうのが率直な感想。今は素直に疲れた」と語り、藤森は「もう少しでメダルだったので悔しい。自分はこの一本なので、覚悟を決めて臨んだ」と語った。(南周平)