「2520億円になった理由を私も聞きたい」と新国立デザイン責任者の安藤忠雄氏

(ATR Japan)世界的な建築家、ザハ・ハディド氏による巨大アーチ構造を取り入れた新国立競技場の建設費が当初予算の約2倍に及ぶ2520億円とされた問題に関し、事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)は7月16日午前、都内で記者会見を開いた。

このデザイン選定をした審査委員会の建築家の安藤忠雄委員長は会見で、「(デザインコンペは)実際にはアイディアのコンペ。徹底的なコストの議論にはなっていないと思う。それほど図面がきっちりあるわけではないから。審査委員会はデザイン案の選定まで。選んだ責任はあるが、2520億円になった理由を私も聞きたい」と強調した。

ただ、安藤氏が同日用意した説明文書には、「1300億円の予算」が前提であり、「審査委員会の下に設けられた10名の建築分野の専門家からなる技術調査委員会で、機能性、環境配慮、構造計画、事業費等について、実現可能性を検証しました」とある。費用検証後にデザインを採用したとされる。

これに関連し、「1300億円というのは条件であったから、だいたい条件を合わそうとしてみんな値段(総工費)が入ってますが、私も1300億円どうかなあと思っておりましたけれども、私もそんな大きなものを作ったことがありませんから」と述べ、ザハ案には予算超過の懸念があったことを明かした。そして、「コストについては、ザハ・ハディド氏と日本の設計チームによる次の設計段階で、調整が可能なのかと考えられていた」と弁明した。

また、この建設計画のリーダシップについて、「リーダーシップはいりますね。それでいうと、文部大臣かなと思ったり、総理大臣なのか。わたしが決められるわけではない」と話した。安藤氏はこの総工費を決定した7月7日の国立競技場将来構想有識者会議を欠席し、批判が集まっていた。これについて「出なかったからすべて安藤さんの責任やというのはちょっとわからないと思っていました。大阪で講演会があったので欠席しました」と釈明した。(橋本大周)