男子棒高 沢野は決勝進出も荻田、山本は予選敗退

(ATR Japan)リオデジャネイロ五輪・男子棒高跳び予選が行われ、日本からは沢野大地・荻田大樹・山本聖途が出場した。沢野は予選で5メートル60を跳んで全体の上位12名の中に残り決勝進出を決めた。一方で萩田、山本は全体上位12名に残れず予選敗退となった。

 沢野は5メートル45、5メートル60を1回で成功させ、予選通過ラインの5メートル70に挑戦するも3回全て失敗に終わった。しかし5メートル60が全体上位12名に残ったため決勝進出を決めた。荻田は5メートル60で3回失敗したため記録は5メートル45となり全体上位12名に残れず予選敗退した。また山本は5メートル30をパスし5メートル45から挑戦するも3回失敗に終わり記録なしで予選敗退した。

 男子棒高跳び決勝は16日の午前8時35分から開始される予定だ。(布原弘基)