ボルト金、五輪史上初の3連覇 陸上100m

(ATR Japan)リオデジャネイロ五輪・陸上男子100mの決勝が15日に行われ、2008年の北京大会以降、2連覇中のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒81で金メダルを獲得し、この種目では五輪史上初の3連覇を達成した。

2位は9秒89でゴールしたジャスティン・ガトリン(アメリカ)、3位は9秒91でアンドレ・デグラッセ(カナダ)となった。

 予選を通過した日本の山縣亮太は準決勝で10秒05と自己ベストを更新するも5着で敗退。同じ日本勢のケンブリッジ飛鳥もグループ7着で準決勝で敗れた。(佐野圭弥)