日本、アメリカに敗戦で準々決勝敗退 女子バスケットボール

(ATR Japan) リオデジャネイロ五輪・バスケットボール女子日本代表は17日、準々決勝でアメリカ代表と対戦し、64-110で敗れ準決勝進出を逃した。

五輪を5連覇している世界ランキング第1位の強豪アメリカに対して第2クオーターでは一時4点差まで詰め寄ったものの、その後はリードを広げられる展開となり最終的には54点差をつけられる結果で、ベスト8で大会を去ることとなった。(松本昌大)