海老原、初の決勝進出ならず 女子やり投げ

 (ATR Japan)リオデジャネイロ五輪・女子やり投げ予選が17日行われ、海老原有希が2度目の五輪に挑んだが記録上位のメンバーに残ることができず、初の決勝進出はならなかった。

 海老原の最終記録は3投目の57メートル68であったため、上位12名に残ることはできなかった。海老原は試合後のインタビューで「リオの戦いが終わっちゃいましたね。もうちょっと力を込めた投てきができたのではないか」と話し、昨年5月に自身の持つ日本記録を更新していただけに悔しい結果となった。(布原弘基)