障害馬術個人 武田は途中棄権で敗退

(ATR Japan)リオデジャネイロ五輪、障害馬術個人3次予選が17日に行われ、武田麗子は途中棄権に終わり、決勝ラウンドへ進むことはできなかった。

試合後、武田は「決勝に行けなかったのは悔しいが、3次予選まで進みステップアップできた」と語った。(丸山歩)