都知事「復興五輪を忘れかけている」と原点回帰を支持、ボート・カヌー会場問題で

(定例会見に臨む小池百合子東京都知事 布原弘基撮影)

(ATR Japan)小池百合子東京都知事は10月14日、都庁で定例会見を行い2020年東京五輪・パラリンピック大会でのボート・カヌー会場変更問題について言及した。開催会場を東京都の海の森水上競技場から宮城県の長沼ボート場への変更を検討していることについて、都知事は「(世間が)復興五輪を忘れかけてきていたのを長沼案が出てくることで観点がもう一度呼び起こされた」と話した。続けて都知事は「招致の際に高円宮久子様が被災地のお礼をしたことから招致が始まっているのもひとつポイント」と付け加えた。混とんとするボート・カヌー会場問題について、招致当初の復興五輪という目標に原点回帰し、長沼ボート場への変更を支持する考えだ。

 これに対して、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、インフラ整備や会場規模などの点から長沼案に関する「9つの問題点」を公表し、長沼ボート場開催について否定的な姿勢を示している。

 ボート・カヌー会場変更問題は、計画当初は東京都の海の森水上競技場が開催会場とされているが、建設費の増大や波・風が強く競技に大きな影響が懸念されるため、都知事を中心に再検討されている。長沼への変更が取り上げられているが、東京からの遠距離や再整備コストなどの問題が指摘されている。(布原弘基)