「想像以上に難しい」と室伏氏、五輪パラ運営

(協議後の取材に応じる室伏広治組織委スポーツ局長 平田秀祐撮影)

 (ATR Japan)11月18日に開かれた2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会での国内競技団体との会合で、組織委スポーツ局長の室伏広治氏は「想像している以上に、五輪・パラリンピックをやっていくことは難しい。早い段階から、計画性を持って準備をしていくことが大切」と述べた。

 協議には36の国内競技団体が参加し、リオ大会での救命体制や会場運営の連携体制での課題が報告された。ボランティアに関しては「経験を積んでいただいた人に入ってもらうことが前提」といった意見があった。今後は、それぞれの競技団体で人数の規模などを積算し、組織委と調整しながら進めていくという。(平田秀祐)

サイトURL:http://aroundtherings.jp/