東京五輪の予算削減が焦点、IOC調整委開催

(調整委の冒頭挨拶を行うIOCのジョン・コーツ副会長(左)と組織委の森喜朗会長(右)佐野圭弥撮影)

(ATR Japan)2020年東京五輪・パラリンピック大会の予算や会場といった準備状況を報告し議論を交わす国際オリンピック(IOC)調整委員会会議が12月1日、都内で開かれた。会議の冒頭、IOCのジョン・コーツ副会長は、2兆円を上限と試算される大会予算に関して「開催にこれだけのコストがかかる、という間違った印象を与えてはならない」と述べた。今回の会議では大会予算削減が焦点となる見通しだ。

 会議は2日間にわたって開催される。丸川珠代五輪担当大臣は「IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)のみなさまがたから的確なアドバイスを頂き、みなさまにとっても実り多いものになると信じている」と述べた。(百田紗英子)