新国立検証委員会、7日に初会合 委員に為末氏ら起用

(ATR Japan)下村博文文部科学大臣は8月4日の定例記者会見で、新国立競技場の整備計画が迷走した経緯などを検証する「新国立競技場整備計画経緯検証委員会」の第1回の会議を8月7日に開催することを明らかにした。また、検証委委員に元陸上競技選手の為末大氏ら6人を選出したことも発表した。検証委は9月中旬に報告書をまとめる。

委員選出について下村大臣は「客観的に判断をしていただける方を中心に幅広い分野から各界を代表する6人にお願いした」と述べ、第三者的な検証可能とする人選だと強調した。委員に起用された為末氏は競技場総工費が2520億円に膨らんだ際に反対意見を表明した。また、白紙撤回されてからの整備計画について、遠藤利明五輪・パラリンピック担当大臣と意見交換をした際には「全部の要望を入れて作ると、また同じように盛りだくさんの競技場になってしまう恐れがある。どこかに我慢してもらいながらやるというのがスポーツ界全体から考えると必要」という見解を示してきた。

また、下村大臣は「経緯の中での私を含め文部科学省の責任等も検証していただきたい。しっかりと、厳しく検証委員会として対応していただければ」と述べた。また、検証委員会の要請に「どんな対応もしていきたい」とした。

検証委では、整備計画の策定や議論に関わった関係者から聞き取りをし、これまでの経緯を検証する。新国立競技場の総工費が膨れあがった経緯や当初予算の1300億円の積算根拠などが検証されると同時に、文科省などの責任体制についても議論される。一連の混乱の責任の所在が明かされて当然だが、短期間での検証を疑問視する見方もある。(平田秀祐)

○新国立競技場整備計画経緯検証委員会 委員

柏木昇  東京大学名誉教授、元・中央大学法科大学院教授
國井隆  公認会計士
黒田裕  弁護士
為末大  一般社団法人アスリート・ソサエティ代表理事、  元 陸上競技選手
古阪秀三 京都大学工学研究科建築学専攻教授
横尾敬介 みずほ証券常任顧問、公益社団法人経済同友会副代表幹事・専務理事