大会エンブレムの酷似問題 泥沼化を回避できるか

(ATR Japan)舛添要一都知事は7月31日午後、都庁で開かれた定例会見で、2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムが、ベルギーのリエージュ劇場のロゴや、スペインのデザイン事務所の作品と似ていることを指摘されている問題に関して、「状況の推移を見守る」と話した。

知事はデザインが似てしまうことは「しょうがない」としながらも、国際裁判になった場合、多くの時間を要することや、使用差し止めになった場合に費用がかさむことを懸念し、「これ以上問題にならないことを祈る」と述べた。

大会組織委員会は「東京2020エンブレムについては、IOCの規定以上必要とされる手続きを踏まえ、発表前にIOCと共に国内外における商標調査を経た上で決定したものであり、組織員会としては問題ないと考えている」とコメントを発表した。

また、エンブレムのデザインをデザインした佐野研二郎氏は「報道されている海外作品については全く知らないもの。制作時に参考にしたことはない。この東京2020エンブレムは、1964年の作品へのリスペクトを持ちながら、日本らしさを自分の中で追求してデザインしました」と組織委員会を通じてコメントを発表し、海外出張からの帰国後に、さらに説明する考えを示した。

一部報道によると、リエージュ劇場のロゴを手掛けたオリビエ・ドビ氏の弁護士が、IOCと大会組織委員会に対し、エンブレムの使用を停止するよう求める書面を送る方針を明かした。(橋本大周)