【速報】五輪ボランティア最終応募者が20万人超に!日本国籍外が3割越え!?

東京五輪ボランティア国籍の割合

(ATR Japan)東京五輪組織委員会は1月24日、大会ボランティアについて、1月18日午後5時で視覚に制約のある方らの募集を締め切り、最終応募人数が20万4680人に達したと発表した。当初目標の募集人数8万人の約2.6倍となった。応募者の構成は、男性36%・女性64%、日本国籍64%・それ以外36%だった。また、活動希望日数では10日未満2%、10日37%、11〜19日33%、20〜29日12%、30日以上16%となっている。

東京五輪ボランティア国籍の割合

東京五輪ボランティア国籍の割合

応募者は2月9日から始まるオリエンテーションを経て、2020年3月以降に正式な参加者となる。(上野正人)