「フィールドキャスト」と「シティキャスト」 大会と都市のボランティアのネーミング決定

(ATR Japan)東京五輪組織委員会は1月28日、2020年東京五輪の大会ボランティアと都市ボランティアのネーミングがそれぞれ、「フィールドキャスト」と「シティキャスト」に決まったと発表した。これらには大会を盛り上げる重要なキャストになってほしい、という思いが込められている。 ネーミングは投票によって決められ、投票総数37739票のうち16187票と、全体の約43%もの票を得た。 組織委の武藤敏郎事務総長は「大会の成功には、ボランティアひとりひとりの力が必要不可欠と考えております。ボランティアの皆さまを含む大会スタッフがこのネーミングに愛着と誇りを持ち、大会を成功に導けるよう、引き続き準備を進めてまいります」とコメントした。 今後これらのネーミングは2月9日から開始するボランティア向けのオリエンテーションでの活用をはじめ、さまざまな場面で展開し、浸透を目指していく。(南里沙)(画像 Tokyo2020提供)