東京五輪の全競技チケット抽選販売 今春より受付開始

(ATR Japan)東京五輪組織委員会は1月30日、2020年東京五輪大会の公式チケット販売概要を発表し、開閉会式を含め全競技のチケットを、2019年春より抽選申込受付を開始すると明らかにした。 チケットは、公式販売サイトで今春より申込受付を開始する。抽選申込期間の終了後、6月中旬以降に結果が発表され、購入手続きが開始される。残りのチケットを今秋以降に先着順で販売、さらに残った分を公式販売サイトほか都内に設置予定の販売所や、公式リセールサービスで販売する。 一般チケットは、17日間にわたる33競技のチケットが販売される。A席からE席まで最大5種類のチケットを用意しており、最高額は開会式のA席30万円だ。競技別の最高額は陸上男女決勝A席の13万円、最低額は射撃やソフトボールなど複数の競技予選に設定された2500円となる。 また、半分以上のチケットが8000円以下で購入可能。車いす利用者および同伴者を対象としたチケットも、開閉会式含む全競技のセッションで用意している。価格は現在検討中という。そのほか、12歳未満の子ども、60歳以上のシニアの方、障がいのある方を1名以上含む家族やグループを対象とした「東京2020みんなで応援チケット」が、1枚2020円で販売される。人数制限や販売予定枚数については、現在検討中だ。 このほかにも、観戦チケットに加え、会場内の施設での飲食やラウンジ提供などの高付加価値サービスが付いた「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」の販売が予定されている。このチケットは、陸上、テニス、水泳などの10以上の競技施設で実施予定。価格は現在検討中だ。国内航空券やホテルなどが付いた観戦ツアーパッケージや、全国の小中高生を対象とした1枚2020円から購入可能のチケットも販売予定だ。 公式販売サイトでのチケットの購入にはTOKYO 2020 IDが必要になる。競技の詳細な日程や、公式販売サイトのオープン、抽選申込期間などの詳細な購入方法などについては、今後決まり次第、組織委の公式ウェブサイトに掲載される。(南里沙)