日本財団が非営利団体コントリビューターに、ボラ運営に貢献

(ATR Japan)東京五輪組織委員会は2月9日、一般のスポンサー契約とは異なる非営利団体を対象にした「東京2020オフィシャルコントリビューター」契約を日本財団と締結したと発表した。ボランティアやそのリーダーの研修プログラム開発、関連するイベントや広報などを日本財団が実施する。

日本財団の笹川陽平会長は「ボランティアは大会を動かす原動力。日本の魅力を伝え東京五輪の印象を決める大きな役割を担う。日本財団は経験とネットワークを活かして運営と協力し、将来を見据えたサポートを行っていく」と語った。

東京五輪組織委員会の森喜朗会長は「ボランティア活動は東京五輪成功の核。ボランティア運営において、様々なノウハウや経験のある日本財団にサポートしてもらい大変心強い」と語った。(上野正人)