トライアスロン会場変更問題、「検討状況を見守る」=都知事

【ATRJapan=東京】舛添要一都知事は5月15日午後、都庁で開かれた定例記者会見で、トライアスロン会場の変更問題に関して「どういう風になるか、検討状況を見守る」とコメントした。
14日に東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と国際トライアスロン連合(ITU)のマリソル・カサド会長が会談した際に、組織委側から競技会場をお台場海浜公園(東京都港区)から横浜市に移す意向を伝えた。お台場海浜公園は、上空が羽田空港の管制空域内にあり、競技撮影ヘリの飛行が問題になっている。(橋本大周)