南部鉄器や白河だるまなど伝統工芸品を販売 心に残る大会へと五輪組織委

 (ATR Japan)東京五輪組織委員会は世界に誇る日本の技術・文化・伝統を受け継ぐ南部鉄器や白河だるまなどの東京2020公式ライセンス商品「伝統工芸品コレクション」を3月13日から東京2020オフィシャルショップの福島店や新宿西口店、オンラインショップなどで発売する。この第一弾として、岩手県・宮城県・福島県の東北三県の伝統工芸品8商品を展開する。 岩手県の南部鉄器の急須は12,000円(税別)、風鈴は10,000円(税別)。宮城県の玉虫塗の小物入れは5,000円(税別)、しおりは2,000円(税別)。福島県の大堀相馬のぐい吞みは15,000円(税別)、白河だるまは金が3,000円、白が3,000円(税別)。ぐい吞みと白河だるまは、オリンピックとパラリンピックのエンブレムがそれぞれが施される。(南里沙) (画像提供 Tokyo 2020) 関連URL 東京 2020 オフィシャルオンラインショップ https://tokyo2020shop.jp/ 技わざオンラインショップ http://wazawaza-select.jp/ 「Around the Rings」の公式ウェブサイト http://aroundtherings.com/site/1/Home  「Around the Rings Japan」の公式ウェブサイト http://aroundtherings.jp