東京五輪聖火リレーのエンブレム・トーチなどを発表 日本らしさを表現したデザインに

 (ATR Japan)東京五輪組織委員会は3月20日、2020年東京五輪聖火リレーのシンボルデザインであるエンブレムや聖火リレートーチ、聖火リレー公式アンバサダーを発表した。 エンブレムは、東京五輪大会エンブレムを構成する3つの四角形を聖火の炎と見たて、「拭きぼかし」という日本らしい浮世絵の技法を用いることで炎のダイナミックな動きを表現した。色彩は、エネルギッシュ、情熱的、愛情深い、行動力があるといったイメージのある「朱」に大地を連想させる「黄土」を組み合わせ、日本らしい祝祭感を醸し出している。聖火が未来へと続く、「希望の道」を照らしだす様子を表現したものとなった。 聖火リレートーチは吉岡徳仁氏が手がけ、日本人になじみ深い花である桜をモチーフにした。全長71センチで、重さは1.2キロ。新幹線の製造に使われているアルミ押出成形という技法を用いて形作られた、つなぎ目のないデザインだ。花びらから生み出される5つの炎がトーチの中央で一つになり、火力の強い青い炎と火のない燃焼の2つが聖火の赤い炎を支え、どんな気候や天気でも消えない仕組みになっている。また、復興五輪と位置付けられる東京五輪だが、素材の一部は東日本大震災の仮設住宅で使用されていたアルミニウムを再利用している。 公式アンバサダーには、元柔道オリンピック金メダリストの野村忠宏さんや、射撃パラリンピアンの田口亜希さん、女優の石原さとみさん、お笑い芸人のサンドウィッチマンが起用された。今後は公式アンバサダーとして、東京五輪パラリンピック聖火リレーの魅力を発信していく役割を担う。(伊賀寛修) (画像:Tokyo2020提供) 「Around the Rings」の公式ウェブサイト http://aroundtherings.com/site/1/Home 「Around the Rings Japan」の公式ウェブサイト http://aroundtherings.jp 関連記事 http://aroundtherings.jp/archives/2767