【必見!】東京五輪の追加競技が一目でわかる早見表

(ATR Japan)2016年8月のリオデジャネイロで開催された国際オリンピック委員会総会において、東京五輪の追加種目(5競技18種目)が決定しておよそ2年半がたった。

(画像提供 Tokyo2020)

上記のように追加種目とは、野球(男子)1種目とソフトボール(女子)の1種目、空手の形(男女)2種目と組手3階級(男女)6種目、スケードボードのスクリート(男女)2種目とパーク(男女)2種目、スポーツクライミングのボルダミング・リード・スピード複合(男女)2種目、サーフィンのショートボード(男女)2種目の計5競技18種目を示し、東京五輪は史上最大のスポーツの祭典として期待されている。

野球とソフトボールは男女の同一競技がないなどの理由から北京2008年大会を最後に正式競技として外されてきた。東京五輪では野球とソフトボールの盛んな日本で開催されるということに加え、野球を男子種目、ソフトボールを女子種目としてみなし一つの競技にすることで復活を果たした。またその他の競技も女性や若者の参加率が高いスポーツを採用することにより男女平等や女性の社会進出などの実現を体現している。

今後、追加競技についてのルールや種目の細かい違い、注目選手の紹介などを記事にまとめていく予定だ。(上野正人)

「Around the Rings」の公式ウェブサイト http://aroundtherings.com/site/1/Home

「Around the Rings Japan」の公式ウェブサイト http://aroundtherings.jp