「docomo 5G Lounge」で選手村生活につながりを

2021723日から開催される予定の東京五輪パラリンピックの期間中NTTドコモは選手村ビレッジプラザ内にネット・カフェ「docomo 5G Lounge」をオープンする。

ここでは5G環境が整備されており、二次元コードをスキャンすることでメニューに触れずに、スマホからカフェを注文できる。

また、言葉の壁を超えた自由なコミュニケーションを可能にする翻訳アプリも提供される。アプリには、対面、アナウンス、電話、画像など、利用シーンに応じた多様な機能が搭載されている。

 

「みえる応援電話」は、日本中から電話音声で登録した応援メッセージを認識・翻訳し、選手へ文字情報として届けるサービスだ。応援者は特設サイトで、自分が送ったメッセージが選手に見られた回数を確認することができるため、より選手を身近に感じることができる。