東京五輪チケット 再抽選・払い戻し詳細発表

 

(ATR Japan。東京五輪の観客数が「収容定員の50%以内、上限1万人」に決定したことを受け、東京五輪組織委員会は6月23日、観戦チケットの再抽選や払い戻し方法などを発表した。

 組織委によると、再抽選で販売済みチケット約363万枚中のうち約91万枚は無効にな。対象は開会式閉会式をはじめ、観客の上限を超える7競技とする。例えば、横浜国際競技場でのサッカー男子決勝は現在、販売済み4万枚以上再抽選3万枚が無効となる。

 チケットの発行PDFファイルにに統一した。印刷したものを持参する以外にも、スマートフォンで提示する方法も容認した。

 再抽選の結果は7月6日未明に公式サイトで発表し、その日から払い戻しも開始する。申請期限は7月15日の正午まで

 一方、パラリンピックの観戦チケットに関しては7月16日観客の上限数決定する。その後、詳細を発表する。払い戻し可能で、申請期限は7月16日から同月26日までの予定だ。