「TOKYO 2020 Share The Passionプロジェクト」観客参加型の応援で選手に力を

(ATR Japan) 東京五輪組織委員会は6月25日、大会に参加する選手に応援を届ける「TOKYO 2020 Share The Passionプロジェクト」を実施すると発表した。

 

 このプロジェクトは会場での観戦ができない国内外の観客や選手の家族らからのメッセージを、最先端テクノロジーを駆使して選手に届けるものだ。

 

 コロナ禍の影響で満席での大会開催が断念された。これに伴い、選手だけではなく観客の貴重な体験も失われる懸念から、組織委は「応援」をテーマにした東京五輪の参加型プログラムを実施する。

 

 応援メッセージは大会期間中、競技会場のビデオボードで紹介する。また、選手の家族や友人がオンラインで対面し喜びを共有するためのミックスゾーンも設置する。

 

組織委の橋下聖子会長は、「この取り組みを通じて、人々につながりや絆の再生に貢献し、スポーツの力で世界を一つに」とコメントし、世界中の方からの応援メッセージを募った。