福井五輪選手団長「スポーツを通じて元気と勇気を届ける」国民8割が開催反対で

(ATR Japan)日本オリンピック委員会(JOC)の東京五輪選手団は7月20日、都内で記者会見を開き、国民の約8割の意に反して東京大会が開催されることに関し、福井烈選手団長は「さまざまな声があるのは承知している。それらを受け止めながら、スポーツを通して元気と勇気を届けられるように、最高のパフォーマンスを出すことに集中していく」と語った。

また、500人以上の代表選手の中で、大会出場に躊躇する選手がいたかどうかについては「全部を把握しているわけではないが、今回の大会に賭けている選手が揃ったという意識でいる」と述べた。