2020年東京パラリンピック IPCと連携強化 東京五輪組織委

(ATR Japan)2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6月4日、都内で記者会見を開き、国際パラリンピック委員会(IPC)とパラ大会運営に必要なノウハウを取得するための「東京2020パラリンピックエクセレンスプログラム」を導入することに合意したと発表した。

プログラムは、IPCから組織委員会へ提供するプログラムで、教育・育成プログラム、オブザーバープログラム、リオ大会報告会の3つの分野で、今後5年間にわたって行われる。組織委員会の武藤敏郎専務理事・事務総長は、「本プログラムの導入を契機にIPCとのパートナーシップを一層強化し、同一都市として初めて2回目のパラリンピック開催となる東京2020大会を成功に導くとともに、パラリンピックムーブメントのさらなる発展に貢献してまいります」とコメントした。(橋本大周)