ANAとJALの2社が東京五輪組織委とスポンサー契約

(ATR Japan)2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6月15日、航空会社の全日本空輸と日本航空と旅客航空輸送サービスカテゴリーでの「東京 2020 オフィシャルパートナー」というスポンサー契約を結んだと発表した。五輪スポンサーシップは「一業種一社」が原則だが、今回は IOCと協議の上、特例として銀行カテゴリーに続く 2 社共存となった。

篠辺修・全日本空社長は「東京 2020のビジョン『全員が自己ベスト』『多様性と調和』『未来への継承』は、ANA グループ経営理念『世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します』に通じるものです。航空ネットワークの充実を図り、世界の多くの方が快適に日本にお越し頂けるよう役職員一同、努力致します」との談話を寄せた。

また、植木義晴・日本航空社長は「JAL は 1964 年の東京大会以来、安全で快適な空の旅を通じて、オリンピック・パラリンピックをはじめとしたスポーツの舞台で私たちに感動を与える日本代表選手の活躍を応援してまいりました。万全の態勢で皆さまをサポートし、若きアスリートの育成支援活動などを通じて一層のスポーツ振興に取り組んでまいります」との談話を発表した。

五輪スポンサープログラムは 4階層あり、最上位が IOC のオリンピックパートナープログラムで全世界が対象となる。このプログラムで2020年東京五輪パラを支援しているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの12社だ。

残る3階層は国内向けで、上位から「東京 2020 ゴールドパートナー」「東京 2020 オフィシャルパートナー」「東京 2020 オフィシャルサポーター」となる。2020 が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、2020年東京五輪パラ競技大会を含む、6 年間の日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などの権利行使ができる。

今回のオフィシャルパートナー契約は、呼称・マーク類・関連素材使用権、リコグニッションプログラム、関連事業協賛権、商品・サービスのサプライ機会、マーケティングサポートなどが対象となる。(ATR Japan)