森会長に「国に要請してください」新国立の建設費情報開示で、都知事

(ATRJapan)舛添要一都知事は6月19日午後、都庁で開かれた定例記者会見で、新国立競技場の建設費用の問題に関して、18日に2020年東京五輪パラリンピック組織委員会の森喜朗会長との意見交換の内容について、「森会長も国に(きちんとした情報提供を)要請してくださいと申し上げた」と述べ、国からの具体的な要請を待っていると説明した。

森会長は12日の組織委理事会後の記者会見で、「東京都がどこまで国と協力してやっていけるかという姿勢の問題である」と述べ、建設費用負担要請の具体的な説明を求める舛添都知事を批判していた。 その後、18日の会談で森会長が舛添知事に国と前向きに協力することを求め、「学者さんだからきついよね。知事になりきっていないというところがあるから。少し丸く甘くなるように」述べた。舛添知事はこれに対し「甘くなりますんで」と応えていた。

舛添知事はこの日の会見で、「(五輪を成功させたいという)森会長と都知事の立場はまったく同じ」であると述べ、国が2019年のラグビーワールドカップまでに新国立競技場を完成できるよう、説明を受け、積極的に協力していく考えを示した。(橋本大周)