種目追加会議、野球ソフトや空手など8競技団体が最終選考へ 五輪組織委

(ATR Japan)2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6月22日、都内で種目追加検討会議を開き、開催都市の組織委員会が提案できる追加種目の募集に応募していた26の国際競技連盟(IF)から、第1段階の書類審査を通過した8つの競技団体を発表した。選ばれた団体は、世界野球ソフトボール連合、世界ボウリング連盟、世界空手連盟、国際ローラースポーツ連盟、国際スポーツクライミング連盟、世界スカッシュ連盟、国際サーフィン連盟、国際武術連盟の8団体。7月22日までに質問票を回収し、8月7日から8日にかけて東京で行われる第2段階のヒヤリング審査での最終選考を経て、8月の組織委員会理事会で1つ以上の推薦団体を決定する見通しだ。

冒頭挨拶で、検討会議の御手洗冨士夫座長が26団体から応募があったことを踏まえ「東京2020大会に対する国際的な関心度が非常に強く、嬉しく思っている」と述べた。そして、選考に際して「オリンピックムーブメンント推進の一環として、若者におけるスポーツ価値の高揚、レガシー形成 」「大会ビジョンに沿って国民的な機運を盛り上げていくこと」「プロセスにおいて透明性の高い、公平な方法」の3点を重要な原則として挙げた。

今回の選考は、組織委のこれら原則と、IOCの追加種目の評価項目基準とを照らし合わせ、総合的に評価した。第2段階では、具体的な会場の設備やコスト、若者の支持、世界的な競技人口などが重要な観点となる。追加種目はIOCのアジェンダ2020で提案されている上限310種目には含まれない。 8月に行われる組織委理事会で最終決定された追加種目は、9月にIOCに提出される。(橋本大周)