新国立の建設費、「1490億円以内で」とJSC  木椅子設置も

(記者会見に臨む池田貴城JSC理事 大橋友輔撮影)

(ATR Japan)新国立競技場建設の工事主体である日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、総工費の上限とした1550億円から1490億円へと60億円削減する方針を明らかにした。これについて、JSCの池田貴城理事は「JV側からは1490億円という提案が出てきているため」とした。また、競技場の観客席にはプラスチック製に代えて木材製を設置する見通しだ。これらについてJSCは今後、内閣官房やスポーツ庁と協議を進める。

自民党は新国立で「日本の伝統文化」や「日本らしさ」を木材で表現したい意向だ。現行案のプラスチック製観客席ではこれらを欠くため、木材製への転換を求めていた。ただ。木椅子の設置は最低20億円の追加予算が必要だ。(大橋友輔)